長野県産コシヒカリの産地直送!信州佐久平【特A米指定地区】産コシヒカリや登録商標御牧ひかりを栽培農家より産地直送!おいしいお米のことなら米定へ
米定 おいしいお米をお届けします 買い物かごを見る お問い合わせをする
米定 おいしいお米をお届けします 米定 おいしいお米をお届けします
お知らせ ホームページをリニューアルしました。

お客様の声

リンクはこちら

     
    御牧ひかりについて

     
    御牧ひかりについて

     

    私が耕作(栽培)する御牧ヶ原台地と呼ばれる地域は、非常に強力な粘土質土壌です。
    この為、白菜やキャベツ・レタス等の葉菜類は、硬く歯ざわりが良すぎてサラダ等の生食にはお勧めできません。この地域で葉菜を栽培する方は見かけませんが、ジャガイモ等の根菜やトマト・モロコシなどは、味の濃いおいしい物がとれます。特にジャガイモは昭和30年代から40年代にかけて「原の白土いも」と言うブランドで主に関西方面に相当量が出荷されたと聞いています。

    当時、米作は台地の為水便が悪く米を作りたくても雨水の溜池だけでは、僅かな面積の水田だけでしたが地元の人達の「美味しい米をおなかいっぱい食べたい」と言う熱意で、蓼科山系の清らかな湧き水で有名な女神湖から延々とパイプでの引き水工事が完成し、充分な水量が確保できるようになり米作も行われるようになりました。

    当地では「原の米」と呼ばれJAの関係者や米穀業者から一目置かれる存在なんですが、いかんせん美味しい米の採れる地質範囲が狭い為に、総生産量が少なく殆どが縁故米と昔からの付き合いの米穀業者の引取りで終わってしまいます。私の場合、お気付きとは思いますが住所(長野県佐久市)と、耕作地(長野県小諸市)が車で20分ほど離れた場所に有ります。自宅の周りには親父から相続した田畑が有り、勿論そこで米作もしており産まれた時から佐久市常田の米で育ちました。常田の米も美味しいですよ。全農長野で「特A米指定地区」(全農長野が長野県下で特に美味しい米の取れる佐久市周辺と飯山市周辺の中からピックアップして指定した地区)に選ばれた場所ですから。

    縁あって10年ほど前から御牧ヶ原も耕作し始め、原の米を食べてからカミさんいわく[米にはまって]?しまいました。不思議な米です。夜寝る前に研いでおき翌朝炊きます。朝食を済ませ、弁当を作ります、残りを保温ジャーに入れて夕飯用に保存。お昼の冷めた弁当が旨いんです。保温ジャーのごはんが夕飯の時、炊きたての朝飯の時よりも一味プラスされたような感じがするんです。

    御牧ひかりと言う呼び名は、私が付けた名前です。基本的には長野県産コシヒカリです。他の長野県産コシヒカリと混同されたくなかったので、商標登録の出願をし、平成十七年九月に特許庁より認可が下りました。

    私の栽培する米は完全無農薬では有りません。出来うる限り減農薬(除草剤は、田植後一回のみ)や、有機栽培には務めています。私も家族も親戚や知人が毎日食べる主食ですから。


     
    ページトップへ