長野県産コシヒカリの産地直送!信州佐久平【特A米指定地区】産コシヒカリや登録商標御牧ひかりを栽培農家より産地直送!おいしいお米のことなら米定へ
米定 おいしいお米をお届けします 買い物かごを見る お問い合わせをする
米定 おいしいお米をお届けします 米定 おいしいお米をお届けします
お知らせ ホームページをリニューアルしました。

お客様の声

リンクはこちら

    コシヒカリの誕生と特徴について

    日本のお米には様々な品種がありますが、全国的にも人気の高いお米の品種にコシヒカリがあります。北は東北から、南は九州まで全国の30%以上の農家が栽培しており、おいしいお米としても有名です。こちらでは、そんなコシヒカリの誕生と特徴についてご紹介いたします。

    ■ コシヒカリの誕生について

    コシヒカリは、今でさえ、おいしいお米の代表品種として有名ですが、誕生までの道のりは決して平坦なものではありませんでした。コシヒカリの原種ができた時代は、味よりも増産に力を入れている時代背景もあり、コシヒカリの生育研究は困難を極めていました。

    そんな逆風を乗り越え、1956年(昭和31年)に福井県で、水稲農林100号の番号を登録して、コシヒカリとしての誕生を迎えることができました。コシヒカリの誕生経緯には様々なドラマがあり、今ではその経緯は伝説にもなっています。そんなコシヒカリを親とした品種のお米は数多く、あきたこまち、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、ユメヒカリ、ミルキークイーンなどが有名です。

    ■ コシヒカリの特徴について

    コシヒカリは、日本で最大の作付け数量で、最も食べられているお米といっても過言ではありません。
    これだけコシヒカリが全国的に普及したのは、栽培に適した日本の気候が大きく関係しています。

    コシヒカリの特徴は、お米の成分であるアミノペクチン、アミロース、タンパク質のバランスの良さが高水準で保たれているところにあります。粘り、ツヤ、弾力、香りなどすべての分野に優れており、お米の持つ本来のおいしさを楽しめるようになっています。また、冷めてもおいしいお米として、お弁当にも重宝するのがコシヒカリです。

    米定では、長野県産コシヒカリや御牧ひかりを農家より産地直送で販売しています。農薬や化学合成肥料をできるだけ抑えたこだわりの栽培法で、皆様の食卓にお届けいたします。お試しとしても最適な2kgや日常で使用する5kg、10kg、15kg、20kg、30kgと必要に応じてお選びいただけるようになっております。 他にも、白がゆ、中華がゆ、五穀がゆ、大納言小豆がゆ、丹波黒豆がゆなどの身体に優しい種類のおかゆを豊富にご用意していますので、この機会に是非お試しください。